ホーム
普光寺の縁起
山門(仁王門)
毘沙門堂
裸押合い大祭
浦佐菊まつり
西山三十三番観音
浦佐商店街
周辺マップ
交通案内
毘沙門の里ブログ
リンク
お知らせ


毘沙門堂
 承久三年(1221年)、鎌倉幕府(将軍源実朝)が、地頭平繁基をして毘沙門堂に堂領 を献ずるとともに、僧道乗坊辯覚を天王堂(毘沙門堂)別当に任じ、浦佐川西地区に境 を定め「永代殺生禁断」の令を下した。僧道乗坊辯覚はこの令を広めるため、また寺務執 行のため、この地に大伽藍を建てたのが「普光寺」の創始と言われております。
 慶長年間火災により普光寺が焼失したため、約70年間にわたり本格的な寺院建築の寺 が無いまま経過してきたが、二十世賢弘和尚が延宝八年(1680年)四月「天下泰平・国 王長久・風雨順時・万民与楽」めため、檀信徒の協力を得て再建したのが現在の普光寺 であります。明暦三年(1657年)、徳川幕府は世間の風潮を憂い「嗜侈禁止令」を下した。 この令に影響されたものか、普光寺の柱材等にその面影を見ることができます。
 以降約300年余、檀信徒のよりどころ、集いの場所、また毎年の毘沙門裸押合い大祭 の大祭本部及び講中宿泊場所として使われてきたところです。
 しかし萱葦屋根であった寺も、時代の流れの中では、屋根修葦も材料・職人等の確保 が難しくなったため、昭和44年8月、檀家の理解・協力のもと萱葦の上に亜丹で覆い、 冬期間雪は自然落下になる様にしました。
 昭和58〜59年、全国5ケ所で厳修された弘法大師1150年御遠忌が、昭和59年 10月総本山長谷寺化主「勝又俊教倪下」をお迎えし、越後・佐渡・信濃一円の豊山 派道場として当普光寺において盛大に厳修されました。

《戊辰戦争》
 慶応四年四月、戊辰戦争の戦火が魚沼の地にも及び、隣町小出町において「小出島の 戦い」が勃発しました。普光寺には西軍の先鋒隊本営が置かれたほか、病院にもなった ようです。戦いで負傷・戦死した方々が運び込まれましたが、薩摩藩8名、長州藩8名 が亡くなられ、寺の西山に墓地を造り埋葬、今も「招魂社」として祀っています。 普光寺上段の間には、薩摩藩・長州藩の家紋をつけた位牌に、戦死された16名の俗名 を記した位牌と奇兵隊小隊司令元森熊次郎・報国隊大本昇両氏の遺品である陣笠 が保存されています。また慶応四年七月、小千谷民政局から、浦佐の人達が献身的に負 傷者の看病をしたと言う事で褒賞を受けています。

《寺宝館》
 毘沙門堂に関わる大名・代官・豪族等の寄進状・禁制札・別当職譲渡認可状等が展示 してあります。また普光寺から、旅をする檀家の方に与えた関所手形、寺で使われた大 皿や漆器も展示してあります。

《不動明王》
  当山の不動明王は、石像仏としては日本最大といわれており、明治初年に六日町の石工富八郎 により作られた。うがい鉢は当地大崎の方谷山(ぼたんやま)産出の大石で作られ、乾季の魚野川の 浅瀬を利用して渡り、現在地に運ばれた。運搬用具には、大橇と女性の毛髪を編んだ毛綱が用いられた。

〒949-7302 新潟県南魚沼市浦佐2495 TEL:025-777-2001